プラセンタ注射について!美肌効果や美白効果で注目のプラセンタ注射

美容効果が高いと注目されているプラセンタ注射について詳しく解説しています。医療用プラセンタ注射薬は、更年期障害などの治療薬として厚生労働省で認可されています。プラセンタ注射は美容効果にも効果があると注目されています。治療内容を理解したうえでプラセンタ注射を受けましょう。

*

美容効果の高いプラセンタ注射とは

そもそもプラセンタ注射ってなに?

プラセンタとは、英語だと胎盤を意味します。日本語でプラセンタといった場合は、その胎盤から抽出した成分を原料とした薬のことを指します。プラセンタ注射は、そのプラセンタを注射することです。

医療用プラセンタ注射薬は、厚生労働省で認可されています。プラセンタ注射を用いる目的としては、慢性肝疾患治療や更年期障害を治療することがまず挙げられます。

これらの治療でプレセンタ注射を行う場合は保険適用内であるため、全額負担とはなりません。美容目的で利用する場合にも用いられます。ただし、この場合は保険適用外であるため、全額実費負担となります。

プラセンタの原料として用いられるのは、日本国内で正常分娩によって生まれた人の胎盤を利用しています。肝炎やエイズなどに感染している患者の胎盤を利用すると、それが原因で観戦してしまうため、入院中に血液検査を繰り返して、感染の恐れがない胎盤のみを利用します。

さらに、高圧蒸気減菌を行ったうえで、無菌試験や動物試験を繰り返したうえ、安全性に問題がないことが確認された胎盤を用いています。厚生労働省で認可されている医療用プラセンタ注射薬には、メルスモンとラエンネックという二つがあります。

プラセンタ注射の頻度

プラセンタ注射は、治療目的で用いる場合は医師の指示に従うことになるでしょう。美容目的の場合も特に決まったペースがあるわけではありませんが、医師のアドバイスに従って選択することになります。

美容の場合は、最初の1か月の期間は、効果が出しやすいように週に2から3回程度の頻度で注射を行うことが多いようです。その後は、肌や体の状態を見て、週に1回程度にする感じです。

プラセンタのは、5アンプルまでは量に比例して効果があるといわれていますが、それ以降は変わらないということのようです。一度に5アンプルは多いため、臀部への筋肉注射や部位を分けての注射となります。

最初の一月は、一回当たり2から3アンプルを注射するのが良いとされています。その後に効果の維持として、1アンプルを注射していく形が多いです。もちろん、効果の出方などは人によって異なりますし、人によっては合う合わないということがありますので、医師の相談で具体的な回数やアンプル数は決めていくことになるでしょう。

予算の問題もあります。プラセンタは美容目的の場合は実費負担となるため、それも加味して相談します。医療目的の場合は、一回につき1アンプルまでは保険の適用範囲内です。

プラセンタ注射はどこで受ける

プラセンタ注射は病院やクリニックの美容外科で受けることが出来ます。探し方は病院、またはクリニックの美容外科、内科、皮膚科などをネットなどで調べて、実績があるところを見つけることです。

プラセンタにはラエンネックとメルスモンの2種類があります。この2種類は国内で医薬品として認められているプラセンタですが、それぞれ製造メーカーも製造過程も違います。

ラエンネックは肝臓の病気である肝硬変や慢性肝炎の治療剤として、厚生省の認可を受けている医薬品です。メルスモンと比べると分子量が大きく、匂いが濃いのが特徴です。

また、注射の痛みは強いと感じる人もいます。メルスモンのプラセンタ注射は更年期障害や乳汁分泌不全の治療剤として使われており、同じく厚生省から認可を受けている医薬品です。

ただ、濃度が高いのはラエンネックですが、美容のために使用する場合はあまり効果に差はないということです。効果の出方も個人差があります。ですからどちらを使うのかは医者と相談してみることをおすすめします。

病院やクリニックの美容外科によって、おすすめしているものに違いがある可能性もあるので、きちんとカウンセリングを受けて説明してもらってから受けるようにしましょう。

プラセンタ注射の値段は

プラセンタ注射は1アンプルが1000円からで、高いところだと2000円することもあります。良心的な価格のクリニックや病院の場合は1アンプルを400円から500円ほどになっている場合もあるといいます。

ただし、保険適応の場合は、1アンプルが400円から500円が相場です。肝機能障害や更年期障害の緩和目的の場合は保険適応になるので、美容クリニックではなく、内科で注射を打つことをおすすめします。

保険適応するものならいいのですが、美容目的などの理由で自費でプラセンタ注射を受ける場合はどのくらいの料金がかかるのでしょうか。プラセンタ注射の平均的な自由診療の料金は、1アンプル1500円前後です。

美容目的の場合は1回につき2アンプル投与する場合が多いといいます。ですから、初診料・再診料・カウンセリング料などを含めると、1ヶ月1万円から2万円ほどを考えておきましょう。

プラセンタ注射は継続することが大切です。1ヶ月間だけ受ければ大丈夫というわけではないので、継続するためにはより安い病院やクリニックを探す人も多いです。病院やクリニックを決めるときは、安心出来るかどうかも確認することが大切です。安全な方法でプラセンタ注射を利用しましょう。

公開日:
最終更新日:2018/06/06